駆除を依頼して害虫を退治する~お願いし退治~

被害動向の傾向

ハチは古代から生息しており、現在に至るまで数多くの種類が存在しています。歴史的に見てもハチは人間と深い関わりがあり、一方ではハチミツの栽培に利用され、また一方では害虫として存在してきました。害虫とされる種類では主に退治が行われてきましたが、ハチ退治における人への被害も古くから知られています。毒性を持つ害虫であることから、アレルギー反応を起こすことがあり、時にはアナフィラキシーと呼ばれる呼吸困難や急激な血圧低下を起こす事もあります。即効性のある薬剤の無い時代には、退治する際に刺される被害も多く、アナフィラキシーによって命を落とすことが多かったとされています。現在では、即効性ある薬剤、知識ある業者の対応など退治に関してはるかに優れており、また被害にあってもアレルギーやアナフィラキシーに対する医療が進んでいます。

現在、ハチ退治における被害の遭遇や危険性はゼロではないですが、過去と比べると明らかに減少しているものとなります。それは、専門業者における対応はもちろんのこと、自治体や保健所などでも対応するところが増えているからです。地域によっては、ハチの大量発生及び大量被害というケースもあるので、必ず害虫対策に乗り出すものとなります。また、ハチの生態は春から秋にかけて活動し、冬には冬眠、更に春にかけて活動開始となります。退治してもまた来年・再来年とハチ退治による被害は終わることなく続くのです。害虫対策も同様に毎年時期になると活発化し、終わる終わることなく実施されていくものとなります。ハチと人間の付き合いは一生続くものであり被害傾向は今後増加と減少どちらをとっても、全くおかしなことではありません。